治療あれこれ


子宮内膜症
の程度

進行期分類
(ビーチャム分類)

内診

I期

散在性の1~2㎜の内膜症小斑点を骨盤内に見る。
開腹時に初めて診断される。

II期

仙骨子宮靱帯、広靱帯、子宮頸部、卵巣が一緒に。
又は別々に固着し、圧痛、硬結を生じ、軽度に腫大している。
私はⅢ期に限りなく近いⅡ期でした。

III期

Ⅱ期と同じだが、少なくとも卵巣が正常の2倍以上に腫大している。
仙骨子宮靱帯、直腸、附属器は癒合し一塊りとなっている。
ダグラス窩は消失している。

IV期

広範囲に及び、骨盤内臓器は内診ではっきりと区別出来ない。

r-ASRM分類
(修正米国
不妊学会分類)

直接おなかの
中を見て分類

ステージ

ポイント

病変

診断法

第Ⅰ
ステージ

1~5

腹膜病変

 

 

腹腔鏡検査

 

 

第Ⅱ
ステージ

6~15

チョコレート
嚢胞

 

 

画像診断
 ・経膣超音波検査
 ・MRI

 

第Ⅲ
ステージ

16~40

ダグラス窩
深部病変

 

膣直腸診
腹腔鏡検査

第Ⅳ
ステージ

それ以上

 

 


婦人科受診前に
整理しておくと
良いこと

 ・月経周期
 ・月経期間
 ・基礎体温表
 ・最終月経
 ・初経
 ・妊娠、分娩の有無
 ・不妊期間
 ・過去の病気
 ・現在飲み続けている薬
 ・血縁者の病気(癌、心臓、肝臓、腎臓等の大病、高血圧、糖尿病、子宮内膜症等)   等

検査

内診

子宮や卵巣等の状態を、触れることで診察。

超音波
(エコー)

子宮や卵巣は、膣の中に入れて見る超音波(経膣超音波)でより鮮明に見える為、超音波検査が行われる。
子宮内膜症では、特にチョコレート嚢胞の診断に有用。

血液検査

腫瘍マーカーの一つ。
子宮内膜症の患者は、血液中のCA125値が上昇していることが多く、補助的にこの値を測定する。
卵巣腫瘍等でも上昇することがある。
しかし、内膜症でも、必ず上昇するとは限らない。

腹腔鏡検査

子宮内膜症の確定診断の一つ。
入院は数日間を必要とする。
検査のみの目的で、非常に細い腹腔鏡(マイクロラパロスコピー/舌噛みそうだ)を用いることもある。
この場合は局部麻酔。
因みに腹腔鏡手術と同じ方法。
なら初めから手術扱いでええやんか、というのは私の個人的感想(謎)

1

鎮静薬の投与。

2

全身麻酔。
一気にブラックアウト(笑)

3

腹腔鏡(カメラ)、手術用器具(直径3~10㎜)を入れる為、お臍の下と下腹部の2~3カ所を切る。

4

子宮を操作する器具を膣から入れる場合もある。

5

お腹の中を見やすくするため、無害な炭酸ガスを入れ、お腹を膨らます。
ワイヤーでお腹の皮膚をつり上げる方法もある。
私はガス。なもんで、終了後は屁を出せと仰せつかった(笑)

6

検査。中の様子を見る。顕微鏡検査の為、一部を採取。
もしくは手術に移行することも有り。
私はそこから腫瘍を吸い出し、場所によっては焼きごてでジュッと焼いて洗浄しました。

7

終了後、出血していないことを確認してから器具を抜き取り、ガスを抜き、お腹の傷を縫合。

治療法

経過観察

腫瘍等の病巣が認められても、それほど大きくなく症状も軽い場合は、特に治療はせずにそのまま様子を見る。
但し、定期検査は必要。

薬物療法
(ホルモン療法)

 ・痛みに有効
 ・手術に比べ、初めの費用が安い 
 ・臨床的な診断で開始できる
 ・身体に侵襲がない(手術ほど負担がかからない)
ホルモン薬を投薬することで、子宮内膜の発育を抑え、病巣を小さくする。
手術療法と平行して行う場合もある。

偽閉経療法

点鼻薬

・スプレキュア
・ナサニール

4~6ヶ月間、1日2~3回点鼻する。
多彩館専用語:「鼻シュッシュ」(笑)

皮下注射

・リュープリン
・ゾラデックス
・スプレキュアMP

6ヶ月間を1サイクルとし、4週間に1度、病院で皮下注射する。
名前だけだと美味そうなリュープリン。
腹だ。私は左右交互に、毎月腹に注射したんだーっ(泣)

錠剤

・ボンゾール
・ソフナリン

4~6ヶ月間、1日200~400㎎の錠剤を飲む。

偽妊娠療法

錠剤

・中用量ピル
・低用量ピル

3週間、1日1~2錠飲み、1週間休む、を繰り返す。
3~6ヶ月間、1日1~2錠飲む。

手術療法

保存手術

小さい病巣を電気やレーザーで焼く、卵巣チョコレート嚢胞を摘出する、癒着を剥離する、痛みの神経を切断する等。
妊娠出来る可能性が残されるが、再発の可能性もある。

準根治手術

子宮と片方の卵巣を取る。
病気が進行し、保存手術では対応出来なくなった時に選択。
卵巣が腫れ上がり臓器の癒着が激しい、子宮筋層の中に子宮内膜が入り込む子宮腺筋症、薬物療法で効果がなかった場合等に行われる。
子宮を摘出してしまう為、妊娠は出来ない。
その為、子供は望まないが閉経まで間がある40代前半くらいまでの人に選択される。

根治手術

子宮・卵巣の全てを摘出する。
妊娠は不可能となる為、妊娠の希望がない人に選択されるのが一般的。

腹腔鏡手術

腹腔鏡検査とやり方は同じ。
開腹手術に比べ、患者の負担は軽い。
但し、安全(危険)性はどちらも同じ。
また程度によっては、そこから開腹手術に変更する場合もある。
私はコレ~。腹に3カ所、穴開けた~。
そしてカメラを入れたことでビデオ撮りがなされ、後日手術の様子を見せてもらいました。
初めて見たよ、自分の腹の中(←普通はいない)
良かったよ、黒くなくて(←おい)

開腹手術

お腹を10~15㎝切って手術を行う。
手術する範囲や、癒着が酷い場合などに選択。
腹腔鏡に比べ大きな手術野で操作がしやすい反面、術後の痛みや手術による新たな癒着、術後回復に時間が掛かる等、負担が大きい。

動脈塞栓術

新しい治療法。
重い子宮腺筋症で子宮を全摘しなくてはならないような場合に行われる。
但し、健康保険適用外の為、全て自費。

※子宮内膜症性卵巣嚢胞

(通称チョコレート嚢胞)
この場合、極稀に卵巣癌が併存している場合がある為、大きなチョコレート嚢胞を認める場合には自覚症状の有無に関わらず、手術療法が必要になる。


薬物療法

偽閉経療法
の副作用等

更年期障害のような症状が出る。
(のぼせ、ほてり、動悸、眩暈、発汗、肩凝り、頭痛、膣内の乾燥、
イライラ、倦怠感、性欲低下、乳房に痛みを感じる、躁鬱感等)

骨量の低下(骨粗鬆症)

むくみ

にきび

血栓

体重の増加

肝臓機能障害

薬代が高価

偽妊娠療法
の副作用等

ピルは健康保険適用外の為、初回の金額が高い
(但し、中用量ピルは3回まで保健が適用可)

使い始めの数週間に、チョコレート嚢胞等が悪化することがある。

喫煙者や血栓症になったことのある人には使用出来ないことがある。

体重の増加

吐き気

血栓が出来やすい。

▲top