用 語 説 明



用  語
説  明

CA125

血液検査。
腫瘍マーカー(腫瘍があると、血液中や尿中に出現したり、含まれる量が異常値を示す物質)。
血液検査項目の一つでCA125と略される。
本来、卵巣癌の診断を目的としていたが、内膜症、腺筋症でも高値を示す為、診断判定に用いられる。
閉経前女性の基準値は37単位/mlくらいまで。
しかし場合によっては出ないこともあるので、完全ではない。
あくまで目安。

んで数値の目安(あくまで「目安」なので、これが絶対ではないです)
内膜症保持の場合。
軽度:40~60、中度:80前後、重度:120くらい。
※卵巣癌:300以上。
薬物治療をしていると、投薬終了後辺りでは正常値の10~20になる。
その為、薬物治療をしても数値が下がらない場合は、卵巣癌の可能性が高い。

CT検査
(Computed Tomography)

人体輪切り図。
正式には「X線CT検査」「コンピュータ断層撮影」。
X線を利用して、身体を1㎝刻みに輪切りにした画像を撮る。
全体図を見るのに適しているが、癒着しているかどうかは分からない。
だが、細かい所まで写せるので、ガンとの区別がしやすく、ガンを疑う場合はMRIと併せて行うこともある。

GnRH
(gonadotropin-releasing hormone)

性腺刺激ホルモン(ゴナドトロピン)放出ホルモン。
下垂体前葉のゴナドトロピン分泌細胞(好塩基性細胞)に対して働きかけ、黄体形成ホルモン(LH)と卵胞刺激ホルモン(FSH)の産生分泌を促す。
って、こんな専門分野的説明受けても、管理人の脳味噌には欠片も残らん。
でもついで。
GnRHアゴニストとは、性腺刺激ホルモン放出ホルモン作動薬のこと。

MRI
(Magnetic Resonance Imaging)

磁気共鳴画像診断。
身体を切ることなく(切られてたまるか)身体の磁気に対する共鳴を利用して、縦横斜め等、あらゆる角度から断層像を見ることが出来、腫瘍の位置を正確に知ることが出来る。
放射線被曝の心配がなく、子宮筋腫との判別もある程度可能。
但し、CTに比べ撮影時間がかかる(20~30分)。
最近は進化したらしく、もちっと早いそうだが。

※MRIの値段について(ゲスト様「事務職」様より情報を頂きました。/掲示板No.1018)
単純MRIで4460円以上(この金額が撮影料と診断料の基本)。
これにフィルム代金が枚数分と造影剤を使用された場合、その薬剤料と使用加算がプラスされるのが通常。
これは2割負担の場合である為、3割負担の場合は基本が6690円からになる筈。
※造影剤によってはかなり金額が変わる為、あくまでも参考金額であることを前提にして下さい。
加入している保険により2割or3割負担と違ってきますので、注意して下さい。

r-ASRM分類

修正米国不妊学会分類。 内膜症の進行具合を表す評価法。
腹腔鏡や開腹などの手術によって、直接腹部内を見て病巣の大きさや癒着具合からスコア化し、そのポイント数で分類する。
より正確に、また客観的に見ることが出来る為、最近ではこちらの方を使う傾向がある。

アドバック療法
(add-back)

ホルモン療法を行っている際、副作用が酷い場合に女性ホルモン(エストロゲン)を適宜補充することで、副作用を抑えようとするもの。
場合によっては不正出血や内膜症を悪化させることもあり調整が微妙だが、副作用は我慢しちゃならん。

アルコール固定

嚢胞穿刺吸引アルコール固定。
チョコレート嚢胞の保存手術の一つ。
しかし日本でしか行われていないと言うあたり、かなり怪しげ。
嚢胞に針を刺して中に溜まった液体を吸い出した後、嚢胞内にアルコールを注入し、内膜症の組織を壊死させる。
再発率・高。

胃薬

管理人の必需品。

痛み止め

鎮痛剤参照。

医療費控除

病気関係でイタイ出費になってる人の為のお助けシステム。

インフォームドコンセント
(Informed Consent)

医師は患者に病状を十分に説明し,その処置には患者の同意が必要だとする考え方。
原義:「知らされた上での同意」(大辞スパより)。
これのない医者は信用せんでよろしい。

エコー
(echo)

超音波検査。
子宮筋腫と卵巣嚢種の区別や大きさ判定に必要。
器具をお腹の上からあてて診る経腹法と、膣の中に入れて診る経膣法がある。
場合によってはお尻からの時もある。

エストロゲン
(estrogen)

女性ホルモンの一つ。

おたく(オタク・ヲタク)

龍・管理人。

外性子宮内膜症

卵巣等骨盤内に小さな内膜症組織が大小無数に出来るもの。
青紫色の病巣から、ブルーベリースポット(ブルーベリー斑)と呼ばれる。
不妊原因は殆どの場合、これに当たると言われる。

開腹手術

腹をカッ捌いての手術。
負担、大。

漢方薬

気長に飲む薬。
婦人病で生理痛緩和に使われる代表的な物としては、「桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)」「桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)」「当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)」がある。
管理人飲用は当帰芍薬散。

基礎体温

身体や頭を使わない時(普段から頭は起きてても使っとらん)の安静な状態=熟睡している時の体温のこと。
眠っている時は測れないので(出来たらそれは夢遊病)、朝目覚めてすぐに、寝たままの状態で測る。
後で体温表に記入し、折れ線グラフにする。
グラフの変化から、排卵の時期、妊娠の有無等を知ることが出来る。
体温計は、出来たら小数点以下2位ほどまでは測れる婦人体温計が望ましい。
んでもって最近はエライ便利なモンが出始めており、90日~240日間記録を溜め込み、且つ勝手にグラフも作ってくれるという体温計がある。
因みに龍・管理人が使っているのは9800円の240日溜込型。
今まで普通の婦人体温計を使ってたんだが、うっかり記入ミスが余りにも多いのでやむを得ず購入。
2度寝に便利(違)

偽妊娠療法

人工的に妊娠状態にして、腫瘍の活動を止めたれというもの。

偽閉経療法

人工的に閉経状態にして、腫瘍を小さくしたれというもの。

経過観察

病巣があっても小さかったり、症状が全くない場合にとる処置。
だからといって放置しっぱなしは禁物。
定期的に検査すること。

血液検査

CA125参照。

月経痛

たかが生理痛と思っていると、下手するとイタイ目を見ることになる子宮内膜症の第一症状。
今までは大したこと無かったのに、最近酷くなってきた、なんて時は要注意。
痛み具合は病巣の大きさや発生場所とは無関係。

血性嚢胞

内膜症の病理的特性の一つ。
直径5~10㎜で、多くは赤色~暗赤色、時に暗青色の小嚢胞を言い、半円形に隆起したものから有茎性のものまであり、多くは下垂している。

更年期障害

女性ホルモンが分泌されなくなることにより発生する症状。
特に多く見られるのはのぼせ。
冬場の厚着知らず。

骨粗鬆症

早口言葉(違)
骨の成分が減る病気。
脆弱になる為、転がっただけで骨折しやすくなる。
カルシウム600~1500㎎/1日、ビタミンD(カルシウム吸収の為)、日光浴、適度な運動が必要。
喫煙、飲酒、カフェイン、食塩、糖分、ストレスはカルシウムの天敵。
生活見直そう、私(爆)

根治手術

全摘。

子宮筋腫

子宮の筋肉(平滑筋)の細胞が増殖し、瘤のような塊(筋腫)が出来る病気。
良性。

子宮腺筋症

以前は内膜症と別物という考え方だったが、現在は内膜症の一つとして分類。
子宮内膜より奥の子宮の筋層に入り込み、増殖していく病気。

子宮内膜

子宮体部の内壁を覆っている粘膜。
卵巣ホルモンの働きにより、毎月の月経周期に合わせて厚みを増し、受精卵を受け入れる準備をする。
受精卵が着床しなければ、不要となった内膜は剥がれ落ち、膣から排出される。
これが月経。

子宮内膜症

言わずもがな。

ジャンキー
(junkie)

正しくは麻薬中毒者のこと。
それが転じて薬を多用したり依存気味になっている事を言う。
用例:ミュージック・ジャンキー、ネット・ジャンキー
要するに思い切りはまり込んでる状態。
オタクの親戚(謎)

手術療法

色々面倒。

腫瘍マーカー

CA125参照。

準根治手術

これも面倒。

スプレキュア

薬物療法の一つ。
一般名「酢酸ブセレリン」。
点鼻薬(1日3回)と注射(4週間に1回)がある。

性交

よーするにセックス。
基本的に病気を抱えたまましても大丈夫。
しかし薬物療法なんかしてると、様々な副作用の為に辛かったり痛かったりする上、避妊処置は絶対必要。
特に性欲は激減しやすいので、パートナーの協力・大。

生理痛

辛い。

セカンドオピニオン
(second opinion)

直訳で「第二の意見」。
主治医以外の医者の意見を聞くこと。
別の病院へ行きなさい、ということではなくて、今の治療に対し納得がいく物かどうかを確認すること。
現在の担当医が信頼出来るのならそれで良し。
しかし治療内容に疑問が多く、不安感がある場合には別の医者の意見も聞いてみることで、その治療が適切かどうか見定める判断になる。

全身麻酔

点滴やガスなどの組み合わせで全身を麻痺させ、意識をなくす方法。
酒飲みは麻酔が効きづらいので要注意。

せんたくばさみ

管理人命名。
血中酸素測定器。
形状を見れば分かる。

ソフナリン

薬物療法の一つ。
一般名「ダナゾール」
錠剤。

ゾラデックス

薬物療法の一つ。
一般名「ゴセレリン」
皮下注射。

ダナゾール

合成ステロイドホルモン薬。
男性ホルモンから作られている。
んが、血栓が出来ること、新薬開発等により、現在ではそれほど使用されなくなってきている。

超音波検査

エコー参照。

チョコレート嚢腫

内膜症の病理的特性の一つ。
別名:卵巣チョコレート嚢胞、子宮内膜症性嚢胞、卵巣子宮内膜症。
チョコレートのような古い血液が溜まり、卵巣が正常大から様々な大きさに腫大しており、表面は平滑で白色、褐色、暗褐色等一定してない。
周囲組織と癒着していることが多い。
管理人がなった物。
見損ねた(悔)

鎮痛剤

治療中でも取り敢えず飲んで良し。
但し、病院から処方されている物と市販薬の相性が合わなかったりすると厄介なので、事前に担当医に聞いておくこと。
胃を荒らしやすいので、コップ1杯以上の水で飲むことをお勧めする。
また、医者曰く、「痛くなる前に飲め。痛くなってから飲んでも効かないよ~ん」
つーてもあと10分で痛くなります!とか分るかいっ(ノ ̄‐ ̄)ノ┫
まあ、ある程度予想を立てて、事前策を。

定期検診

重要。
うっかり忘れマイナス10点。

低用量ピル

薬物療法の一つ。
「ピル」参照。

点状出血斑

内膜症の病理的特性の一つ。
不定形で点状の地図状に見られる出血斑。
活動性病巣の代表的所見。

点鼻薬

鼻から薬を吸引する方法。
多彩館オンリー用語「鼻シュッシュ」(ゲスト様こじこじさん命名)

当帰芍薬散
(トウキシャクヤクサン)

漢方薬。
生理不順、冷え性、貧血、生理痛等の婦人病に効くとされる。
漢方なので即効性は無い。
地道に気長に飲み続けることが重要。
粉末は飲みづらい。
炭酸で誤魔化しながら飲用する等、工夫が必要。
まかり間違っても食後に飲んではいかん(←一週間くらい、気付かずに飲み続けた馬鹿者がここに1名)

動脈塞栓術

全摘向け手術。

内視鏡

腹腔鏡検査(手術)参照。

内診

子宮の大きさや状態を見るために膣から触診する。

内性子宮内膜症

子宮体部に出来る子宮内膜症と、子宮頸部に出来る子宮内膜症に分けられる。
特に子宮体部に出来る内膜症は、子宮腺筋症とも言われる。

ナサニール

薬物療法の一つ。
一般名「酢酸ナファレリン」
点鼻薬。

妊娠

子宮内膜症になると、妊娠しにくいと言われるワケ。

大嘘。と言いたい所だが(汗)
子宮内膜症になっていても、妊娠する人もいれば帝王切開で内膜症が発覚した人もいる。
確かに内膜症患者の二人に一人が不妊症を併発していると言われているが、因果関係は不明。
しかし場所が場所なだけに、諸悪の根元とは言わないが原因の一つであることは否めない。

内膜症による臓器の癒着、排卵された卵子が卵管にうまく取り込めない、卵管自体が閉塞してしまう、といったことになると間違いなく不妊の大元になるので、要早期治療。
薬物療法や手術で子宮内の状態を良くすると、妊娠率が上がることが分かっている。
また、妊娠すると当然生理が1年以上止まることになるから、内膜症の再発率が減る。
その為治療終了後3~6ヶ月目に妊娠するのがグッドタイミング。
まずは病気を治し、それから妊娠を考える方が母体にも赤ちゃんにも一番良いらしい。
んが、相手がいない場合(←私だ)どうすりゃいいんじゃ(涙)

子宮内膜症を抱えたまま妊娠するとどうなるか?

病巣は妊娠中に増加する黄体ホルモン(プロゲステン)の作用により、脱落膜様変化をきたし萎縮退行すると言われているが、完全に消滅することは稀。
妊娠に及ぼす影響としてごく稀ではあるが、病巣が脆弱化する為に、腹腔内出血やチョコレート嚢胞破裂が起こり得る。
ちゃんと主治医の指示を聞きましょう。

手術を受けることによって、妊娠する確率はどうなるか?

腹腔鏡下に施工した保存手術後の妊娠率は、子宮内膜症全般では23~65%と言われている。
但し、病巣の病変部位や手術手技により、術後の妊娠率にはかなりの幅がある。
軽症例で腹膜病変のみの場合は、病変焼灼により50~80%の妊娠率が期待できる。

一方、高度な卵管癒着を伴う場合は、癒着剥離術による妊孕性改善は期待できず、高度生殖医療(体外受精等)が必要になる。
また、チョコレート嚢胞に対する保存手術には、嚢胞核出術、凝固蒸散術、エタノール固定術があるが、いずれの方法でも30~50%と高い妊娠率が報告されている。
しかし重度の卵巣癒着が存在する場合は、術後に高度生殖医療を行っても、妊娠率は低くなる。

発生場所

ダグラス窩、卵巣、仙骨子宮靱帯、直腸漿膜、膀胱子宮窩、肺、横隔膜、腸、腎臓、膀胱等。
本当にヤなとこに出来やがる(怒)

ビーチャム分類

ビーチャムさんと言う方が提唱した、内診での病気の進行具合を表す分類法。
1~4期まであり、軽→重となる。
最近では、客観的に見られるということで、国際共通の「r-ASRM分類」が主用されるようになってきた。

皮下注射

激イタ。

ピクノジェール

フランスの松の樹皮から作られたサプリメント。
関節炎や心臓疾患に効果があると言われている。
雑誌などでアメリカでは美肌や内膜症にも効果があると紹介された。
…らしいが、値段が高かったり、人によっては効果が薄く、途中から効かなくなって漢方に切り替えた人もいるらしい。
使用の際は、担当医に要相談。

飛行機

病巣を抱えたまま乗るのは、あまりおススメ出来ない。
しかし10時間フライトに挑戦した強者(ゲスト様エリさん)もいらっしゃるので、必要時は必ず主治医の指示を仰ぐこと。

ピル

経口避妊薬。
薬物療法にも使われる。
避妊薬として使われるだけあって、低用量は使用期間制限なし。
これはピルにより、子宮が「あ、栄養が足りてる。んじゃ働かなくてもオッケイねv」ということで、子宮の活動を低下させることが目的。
だからリュープリン等のような擬閉経治療と違い、腫瘍が小さくなることは稀。
活動させないために、必要最低限の栄養だけは与えることになるので、本来の活動期よりもかなり遅いこた遅いが、腫瘍が大きくなっていくことには変わりない。

腹腔鏡検査(手術)

腹に穴三つ。
管理人が受けた手術。

副作用

色々辛い。

不正出血

生理時以外に出血すること。
内膜症、筋腫、外陰部の炎症等から出血があることもあるので、異常を感じたら即病院へ。

フレアアップ

リュープリン等の治療開始初期に起こる不正出血。
一時的に性腺刺激ホルモンの濃度が上昇し、出血する場合がある。
しかし一時なので、そんなに心配はない。
但し、過多月経の症状がある場合に起こると貧血が酷くなることもあるので、あまりに量が多かったり期間が長い場合は要相談。

ブルーベリー斑

内膜症の病理的特性の一つ。
赤色~暗青色の直径5㎜以下の小さな斑点が、平坦なものから隆起状のものまで散在して見られる。

保存手術

病巣のみを取る手術。
再発の可能性が高い。

ホルモン療法

ホルモン焼きではない(←当たり前)
薬物療法参照。

ボンゾール

薬物療法の一つ。
一般名「ダナゾール」
錠剤。

マイクロラパロスコピー

口にすれば舌を噛み、キーボードで入力すれば間違える厄介な名前(謎)
腹腔鏡に用いられる、極細の内視鏡。

薬物療法

薬で生理を止め、病巣を小さくする方法。
点鼻薬、皮下注射、錠剤があるが、どれも効果は同じ。
注射の方が、効き目がやや早い。

癒着

①政界と財界の黒い噂。
②体内に起こる炎症のせいで、離れているはずの粘膜や漿膜が互いにくっついてしまうこと。

卵巣嚢腫

卵巣に出来る腫瘍の一つ。
液状で柔らかく、弾力性がある。
小さいうちは何の症状も見られないが、大きくなると捻転や下腹部痛等起こりやすい。

リュープリン

薬物療法の一つ。
一般名「リュプロライド」
皮下注射。
名前に誤魔化されやすいが、激イタ。
管理人は1ヶ月に1本6ヶ月間、左右交互に注射した。
腹にな(苦)

臨床子宮内膜症

問診、内診、超音波、血液検査で内膜症と判断された場合のこと。

ロキソニン

解熱消炎鎮痛剤。
一般名「ロキソプロフェンナトリウム」
ピンク色の錠剤(ゲスト様かよさん情報)。
糖尿病用の薬の一部、ニューキノロン系抗菌薬との併用は副作用が出ることがあり、注意が必要。

今のトコ無し。

んー…?

有るかい(爆)

▲top