人間すきゃなー
2004.04.12
すきゃなーですきゃんされてきました(謎)

本日は骨量測定の日。

午後から早退して行ってきました、群馬主要部軒並み29度をマークし、 体感温度30度は間違いなく超えてんだろおいゞ( ̄△ ̄;)という夏日のことでございました(←何故語り調)
つか、TVじゃ前橋28度とか抜かしてやがったが、本当の処29度だよ。

だってわしの愛車に付いてるサーモセンサーがそう言ってたも。
てなこたどーでも良いんだよっ!
4月だっちゅーに何故に夏日だ、ああっ(ノ ̄□ ̄+)ノ
因みに明日からまた涼しくなるそうです。
ミナサマ体調管理にお気を付け下されますよう。

…もっとどうでも良かろう。
ココは診察日記です、龍さんや(どうどう)

取り敢えず手始めに(←おい)、婦人科受付で「来たよー」報告。
3分もせんうちに呼ばれ、再びご案内地図を戴く。

…だからよう。
同じ院内の施設に行くのに、案内図渡されるってのはよう…。
しかもコピーなんかじゃねんだ。
ちゃんと印刷されたものなんだ。
オフセットかどうかは知らんがな(←妙な処で妙な知識が)
因みに2色両面刷りで中厚口てとこか(←だからおい)

以前にMRIを撮った更にその奥、こんな処に設備なんてあんのか?と疑っていたら更に更にその奥にもまだ部屋があるらしいってどこまで増築しやがったG病院(呆れ)と半ば茫然とした頃にありました、「核医学診断部門」。
…何かさ…また増築だか改築だかしてんだけどさ…

なるべく分かりやすい増やし方にして下さい>G病院(望)
受付で名前を記入し(ココだけ診察カードじゃなかった)、スリッパに履き替えて待つことしばし。
私が座った席の真後ろが現場(←工事現場か)だったんだが、試運転(?)の時、ドア開きっ放しで動かしてたんで、ちろっと覗いてみた。
…診察台の上と下を、ミョ~な機械がぐい~ん、て(謎表現)
要は上と下で同時に何らかの電磁波(怪電波に非ず)とかを出して、骨密度量るんかな?
この辺の原理は専門家に任せるとして(←人任せ)

同じ病院で診察しているM様情報で、金属モノはヤバイらしい、とのことで、待っている間に取り敢えずガチャガチャ付けてる指輪やら何やらを外す。
ジーパンもダメよ、と聞いていたので、どっかで着替えんかな~と思ってたんですが。

M様っ!

着替えなんかしなかったよ!
それどころか貴金属付けてても無問題♪だったよ!
…むくんで外れにくかった指輪を必死こいて抜いたのに…( ̄- ̄+)

服着たまま診察台に横になる。
その時、担当者が気に掛けていたのは、ベルトのバックルと、何故か左側に貴金属がないか。
ジーパンは前のチャックを外して開かせて、上からタオルを掛けて貰ってOK。
ベルト(バックル)は少し引き抜いて、右側に寄せただけ。
あと、個人的に私は財布(チェーン付き)を左に差していたので、それはチェーンごと取った。

だけ。
…数ヶ月の間に機械が進歩したんデスカ?(。_゜)?

足を曲げた形(寝た状態で椅子に座っているような形。支えを足下に置かれた)でまず1回。
機械は、まな板みたいなモンを右側からうにょ~んて足下から頭方向に向かって、ほぼ腹の辺りを探った模様。
恐らくこの時、試運転時に見た箱形の機械が、診察台の真下を同じ動きで動いていると思われる。

2回目は足を伸ばして主に左腹付近を重点的に。

ココで私が思い描いたモノ。

人間スキャナー( ̄△ ̄;)
や、ある意味MRIもそなんだけどね、機械の動き方とか見てるとね、何かね、

ウチにあるスキャナーの動きにそっくりでさ(;¬_¬)ゞ
コレは私の内膜症が左側が酷いから左腹、とか言うのとは違うのか?
情報求む。

ベルト抜いたり財布取ったりしてたけど、実質検査時間は5分もなかったと思われる。
再び「終わりました~」報告を婦人科受付でして、次回検診の予約を入れて終了。
つか、担当医いねえんだよ( ̄▽ ̄+)

看護師「電話に出て頂けますか?」
私「は?」
看護師「今、先生、電話に出てるから」

てな訳で、婦人科受付で担当医と電話で次回診察日の予約を取り決めたのでした。
なんだかな。
んでもって。

今日はね、帰り道、違う道で帰ったの。
間違った訳じゃないから(きっぱり)
買い物しがてら帰ったからさ、違う道でわざと帰ったんだよ。
ホントだよ!
…一応、言っとかねえとな( ̄- ̄;)ゞ
2004.04.12 00:00 | 固定リンク | 診察日記

- CafeNote -