MRI結果
2008.01.11
8:40、病院到着。

9:50、精算含め全行程終了。

食堂開いてねぇじゃんっ!(←待てや)
てな訳であっちゅー間に本日は終わっちまいました。

MRIの結果としては、やはり鼻奥に何か袋状の物体が存在しているらしい。
だが悪性ではないようなので、様子見ようか、てな事に。

んでもって、その病巣(謎)があると頭痛の元になる可能性もあるんだよね、とか言われて、本当なら本日、ファイバースコープを鼻から差し込んで細胞摂って検査したいな~、とかお伺い(苦笑)立てられたんだが、

元々私の訴えていた痛みと全然関係ないじゃんゞ( ̄◇ ̄)
とばかりに速効で「ヤダ」と反抗した処、「んじゃ今度ね」と医者もあっさり引き下がった。

前回、「子供だって平気だよ」とか抜かしやがったんで、今回も同じ事言いやがったら

「んじゃ何か? 閉所恐怖症も高所恐怖症も暗所恐怖症も大人がなったら『大人のクセに』と言う気か? ドクハラで訴えるゾ?」
と脅したろかと勢い込んでましたが(←酷ぇ患者だ)、拍子抜けするくらい簡単に引き下がってくれたんでちょと安心。

だってさ、今、具合悪くする訳にゃいかんのよ。

明日は大阪行なんだから!(握り拳)
2~3ヶ月置きくらいに定期的に検査した方が良いかもね、次回は細胞診さしてね、と言われるが、

多分二度と来ん。
本来の原因、結局分からん訳だし。

耳鼻科終了後、再び総合診療部へ行って事の顛末を伝え、以前貰った狭心症の薬は未だ使っていない為に本当に狭心症か分からないので、薬の使用期限一杯までは様子を見る事に。

狭心症の薬は、1年間有効なんだそうだ。
それ以降になると、他の薬と違い、効き目の成分が抜けていってしまうらしい。

実際、あれ以来発作が出ていないので何とも言えない。

そんな訳で、この件は様子見と言う事で終了。
このまま発作が起きないと良いんだけど。
2008.01.11 00:00 | 固定リンク | 診察日記
頭部MRI行ってきた
2008.01.07
昼飯食えんかった!ヽ( `□´)ノ┌┛
麻婆丼食いたかったのにーっ8(≧▲≦)8
っても検査であちこち回されたからでねくて、単純に終了したのがちょうど昼時で食堂が満席だったの事ヨ。

昼に何食ったかのご報告日記と化しとる診察日記だが、今日はちゃんと(謎)MRI受けてきた!

頭部MRIなのに「朝食は摂らないように」とはこれ如何に (。_゜)?
10:40予約で30分前には外来受付せよとの命令で、余裕こいて10:00には受付。
その後MRI室への誘導やら金属検査やらして、時間通りにMRI.。

以前受診した時は内膜症関連だったので、腹MRIと言う事で下着も脱ぐ状態で検査着に着替えたんだが、事前にそうなるだろうと予測して金属の付いてない下着を着用、顔も化粧ナシ(UVカット乳液のみ)で挑んだら、ネックレスやらピアス、指輪、湿布、腰回りのベルトバックル、私はチェーン付きの財布持ちなんでそん辺全部取っ払ってそれでOKが出た。

化粧ナシ、と言うのは、化粧品の内容によっては光り物(パールとか)入っている場合、化粧を落とさなくてはならないと聞いた事があってな。
万が一用に化粧水とか保湿液まで持ち込んだけど、口紅すら差してない状態だった所為かなーんも言われんかった(笑)

んで、検査着にも着替えずに、そのままで撮影開始。

久方振りのMRIだが、頭部は初めて、尚且つ造影剤も初めて。

副作用を心配したんだが、ちゃんとフォローしますよと看護師に声を掛けて貰えたので安心して冷凍睡眠装置(←違)へIN。

今回は耳栓と、その耳を覆うような形でクッションを当てられ、顔を固定する一見野球捕手が顔面カバーするよなアレ(名称知らん)を被されて中へ。

閉所恐怖症、て程酷くはないが、やはり不安感が募るので速効で目を閉じ、

妄想に至る。
やー、3月5月イベントの新刊、どうしよっかね~、とか、ちび瓜に瓜をどうやって「まま」と呼ばせようかいや待て苺は「とーちゃん」なのに何故瓜は「まま」呼びなのかでも「かーちゃん」は似合わないし「ははうえ」はどうなのとか 本当にどうしょもねぇ事をつらつら考えてるウチに、10分程で一旦終了。
冷凍睡眠装置(←だから違)から一時出されると、横になったまま「造影剤を注射します~。右と左、どっちが良い?」とあっさり聞かれるので「左で」とまるでオンザロックを頼むかのようにけろりと答える。

この時、普通の注射と違って、やたらのんびりな印象を受けた。

「はい、チクっとしますよ~。…お薬入ってますからね~。…半分入りました~。もう少しですからね~」

と、矢鱈のんきだ。

「にゅる」は感じなかったですよHさん、と私信(笑)

頭は固定されたままだったので、どんな注射をされたのか見えなかったのが残念。

再び冷凍睡眠装置(←もうええて)に入れられ、今度は1度目の半分くらい(5分程)の時間で終了。

…ネタが出来なかったっ!(←待て)
因みに造影剤は、尿と一緒に排出されるそうだ。
なので、水分たんまし摂るよう指示される。

その後も不安に思っていた副作用も出ず、元気一杯に再びカルテ持って受付した外来へ。

そんで今日は終了!(* ̄◇ ̄*)!

会計も終えて、腹ぺこ龍さんが向かった食堂は、

予想外に満席だったorz
…いつもはこんなじゃねいのに…会計の前に食っとけば良かった…っ!

一番広いこの食堂が満席って事は、他の飲食店も既にぎゅうぎゅうだろうと予想し、本日は大人しく(←?)、売店でカツ丼買…おうとした時、耳に入ってきた女の子達の会話。

「あのねっ、鰤がねっ!」
「鰤、って何?」
「漫画でねっ!」

ちょっと待てそこの医学生ーっΣ\( ̄◇ ̄;)
(※白衣着てたが医者じゃないんでほぼ間違いなく附属の医学生)

医学生達はすぐに会計へ向かってしまったので詳細は聞き損ねたが、そこで万が一にも瓜の名前出したら

速効でナンパしてたぞこんにゃろ!(←何)
病院で心臓止まるかと思いました。(謎)

こんな身近にお仲間が。(←それはどうか)

頑張ってね、医学生。(←応援先が違う)

病院を出る場際に不整脈になるっちゅーのは如何なモノか。

検査よりもドキドキした昼飯でした。(←コレで終わりか)



追記。

「飯食うな」の指示は、造影剤を投薬する際、万が一その副作用でショック症状や嘔吐した場合に備えて飯食わんように、と言う事なんだそうです。

確かに嘔吐物で喉詰らせたり、下手に機械汚して何かあったら云億円だかんな!( ̄▽ ̄;)

だから撮影部位は関係ないのだそうです。

ご教授ありがとうございました、K様!<(_ _)>
2008.01.07 00:00 | 固定リンク | 診察日記

- CafeNote -