おされ化現象
2010.11.16
3ヶ月ぶりの病院は、ずっとしていた工事が終わってそこは綺麗な駐車場に整地されていた。
そしてその駐車場から入れる新たな建物には、小洒落たカフェやらレストランやら、某有名コンビニが入っていて何じゃこりゃΣ( ̄□ ̄;ノ)ノ
下手なショッピングモール行くより充実してんじゃね?

と、驚きながらも、診察帰りに早速食べて行こうと思いつつ、本日の診察では。

医「そうだ、凄い今更なんだけど」
龍「はい?」
医「実は新しい、ちゅーても3年くらい経つんだが、別の薬があるんだけど、話したっけ?」
龍「んにゃ?」

と言う訳で話してくれたのは、ピルのように月経を止めておく期間を勝手に決めてOKな薬らしい。
その薬、ピルほどのリスクが少ないらしく(血栓が出来る可能性が低いとか)、特に生理痛が酷い人にお勧めしているもので、生理痛対策に非常に効くと評判なんだそうだ。
処が龍さん、ピルが程良く効いているし、生理痛も処方されているロキソニンを、一番酷い1日~2日くらい飲むくらいで済んでしまっているので、敢えて知らせる程でもなかった、て事で本当に今更に「取り敢えず言ってみっか」な勢いで話したみたい。

そもそも話す内容が無いからな。(;¬_¬)ゞ(←相変わらず変わり映え無し)

ただこの薬、不正出血が頻繁にあるとかで、「いつ出血があるか分からないからと、年中ナプキン宛てていたらかぶれたのでやっぱやめるー!」と言い出す人もいるらしい(苦笑)

でも、生理痛には非常に良く効くそうなので、本当に生理痛が酷い人は、この薬を試してみる価値はあるかもです。

正式名称は聞きそびれたが、成分としては「プロゲステロン」て奴。
ピルは偽妊娠療法に当たる訳だが、このプロゲステロンも似たような症状を長期間保つ物なんだそうだ。
2ヶ月とか3ヶ月とか、月経が来ないように自分で設定する事が出来るが、ずっと止めておくと調子が悪くなるので、たまに月経来させて、また開始、と言ったような使い方をするらしい。

問題は、高価である事。
未だ新薬の扱いになる為に、1ヶ月分で7~8千円くらい掛かるとか。

取り敢えず、今の私はピルで特に問題無いし、血栓も大丈夫そうなんで、「ま、取り敢えず話とけ、みたいな?」てな事でした。
何だかな。(苦笑)
詳しい話は聞けなかったので、詳細ご存知の方いらさりましたら、是非ご教示下さい。<(_ _)>

ほんでその後は血栓の話も出たトコで、採血して本日は終了。

採血するなら時間掛かるな良しおされレストランで飯ってこう! と、意気揚々と全て終わらせて行ってみたのだが。

……開店11:00に対し、現在10:30……。

30分も待つ気無い。orz
しょうがないので隣にあるコンビニで、普段とそう変わらん弁当買って行きました。

あああ~、この病院は飯屋が充実しているからそれが毎回楽しみなのに~(T△T)(←楽しみ処違)
早く終わるのは嬉しいけど、ちょっとしたお楽しみが出来ないのは、ちと淋しいですな(苦笑)

てな訳で、また来年!
2010.11.16 00:00 | 固定リンク | 診察日記

- CafeNote -